フリーエンジニアとエージェントの依存関係

フリーエンジニアにとって営業活動を行うことはしばしば重労働になってしまいます。そのため、エージェントに依頼して仕事を紹介してもらうということが一般的に行われるようになってきています。こうすることによってエンジニアは自分の能力に適した仕事を客観的な視点から見て選んでもらうことが可能であり、仕事に集中できる環境を作り出してもらうことができるのです。そういった意味合いにおいてもとても大切な役割を果たしてくれています。

一方、エージェントから見ても所属してくれている一人一人のフリーエンジニアが非常に大切なものです。クライアントから仕事を獲得してきて、エンジニアがそのクライアントの期待する仕事を行ってくれることを通して信頼を勝ち取って行くことができるからです。そうすることで再度依頼を受けられる可能性が高まり、エンジニアに良い仕事を割り当てて行くことができるようになるのです。

このように、フリーエンジニアとエージェントは相互依存の関係にあり、互いが互いのためになろうという気概をもって取り組むことによって互いに利益を得ることができるようになっています。この相互依存の状況が組み込まれていることによって、このシステムが広まったとも言えます。したがって、エンジニアが敬意をもって仕事の紹介を依頼し、それに最善の形で応えられるように努力する構図が望ましく、互いに敬意を払っていくことが大切になるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です